⌒゜・.+*meromero park☆*+.・゜⌒
゜+*◆たんじょ-び◇*+゜
今日のお客様
りらちゃん
やってちょ♪
ブログにも桃色の華が咲きそうですo
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
桃色の華+第2章+
そして次の日の朝

「いってきまーす!」
ガチャ
「今日ゎちゃんと起きれた〜」
「よっ!!」
「あ、遼!!早いじゃん?」
「あぁーまぁ。今日はたまたま。」
「そっかー」
「一緒にいこーぜ」
「うんw」
「てかお前ほんっと早起き久しぶりだな」
「そんなことないし!見てないだけぢゃん?」
「そーか?」
ドカッ。

「いってぇー」
「大丈夫?遼?(笑 」
「おい雅也やめろ!!!」
「わりぃわりぃ。当たっちまった」

この少年は坂石雅也。遼人のライバル的存在。
しかし雅也には口出しできない存在でもある。
(殴られるからww

「いてーんだよ」
「なんかいったかぁー?」
「いってません。すいません」
「おもしろいねぇ。あんたら」
「んじゃ、俺先行くわ!あ、琉依!!」
「何?」
「遼人の好きな奴あとで教えたるわ」
「まぢ?」
「おい!!いわないって約束だろ?!」
「約束は破るものなの!!」
「じゃぁ後でクラス行くねーw」
「あーいぃ!俺が行くわ」
「わかったぁー」
タッタッタ…
雅也は去っていった。

「てか遼に好きな人いたんだ?」
「ま、まぁ…」
「へぇ楽しみだなぁーw」
「お願いだから聞くな!!!」
「えー遼のお願い何回聞いたー?」
「あったっけ?」
「教科書かしてあげたことー筆箱忘れた時シャーペンかしてあげたことー宿題うつさせてあげたことー夏休みの課題手伝ってあげたことーあとー」
「あーもういい!!」
「んじゃぁいいでしょ?」
「勝手にしろ」
「やったぁww」(まぁそんなお願い嬉しくて自分から遼ん家にいったんだけど。。)


キーンコーンカーン…
そして昼休み

ガラッ
「琉依ー?」
「あ、雅也!!」
「予定通り来たぞ。」
「今、遼は先生んとこいったから大丈夫w」
「そか。んじゃぁどっかいこうぜ。」
「うんw」

ヒソヒソ…
「あの二人仲いいよねー」
「うん。遼人クンとも仲いいし」
「ずるーぃ」
「なんかムカつくよねー」

ガラッ
「あれ?琉依は?」
「あ、遼人!なんか雅也とどっかいったぜ。」
「手遅れだった…か」
「なにが?」
「あ、いや」

そして琉依たちは
「んで?誰なの?」
「それはー」
「うん」
「遼人はー」

-----つづく------
JUGEMテーマ:日記・一般


小説 / 16:09 / comments(1) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / 16:09 / - / -
comment*
この小説,ももが書いたの??
めちゃ感動なんですけど---(´∪`●)
続きもぜひ読ませて腓気ぅ奪
楽しみに待ってるお♪♪
あンな(´▽`*) / 2008/07/22 5:53 PM





この記事のトラックバックURL

<< Next   /   Prev >>
profile
calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
archives
categories
selected entries
new entries
comment
link
sponsor
others